包茎の治し方と包茎手術を検討するポイント

男性の悩みの一つである包茎の治し方は大きく分けると矯正器具を使うのと手術があります。この二つの違いを理解したうえで医師と相談をするのが大事です。
包茎手術は専門医が行うのが特徴であり、器具を使用するのと比較をして確実に治療を行う事が可能になります。
包茎手術は専門医がいる病院などでカウンセリング受けて行うのが特徴です。
多くの場合は無料で行っており事前にサイトを確認します。
カウンセリングの結果に納得がいくと、治療を行うのが流れです。
場合によっては当日に包茎手術が可能です。
予約時に確認をすると急いでいる方には便利になります。
包茎手術後は医師の説明を聞いて抜糸の必要があるか、注意点を確認するのが大事です。
入院の必要がないので忙しい方が安心して受けられる治し方の一つです。
器具を使う治し方は通院が必要なので何回も通う必要があります。
医師の診察の結果によりますが、時間をかけずに行える治し方として包茎手術はメリットがある方法です。
費用や予約状況が異なるので複数の医療施設を比較検討します。
症例数が多い医療施設や丁寧にカウンセリングをしていると安心です。
状況により保険が適用される場合があるので事前に確認をします。

包茎手術の値段をチェック

クリニックで包茎手術を受ける場合、値段が気になる人もいるかもしれません。
値段をしっかり知っておかないと後悔してしまうこともあるので注意しましょう。
手術では保険を適用できることもありますが、適用されるケースは限られています。
保険が使われるのは治療が必要と認められた病気のみであり、病気と認められない場合は適用されません。
勃起時などに手で剥くことのできる仮性包茎の場合、保険は適用されないので注意が必要です。
日本人の8割は仮性包茎と言われているため、保険が適用されることはほとんどないと言えます。
保険が適用される手術は方法が限られているため、傷跡が目立つのは嫌だという人や綺麗に治して欲しいという場合、自由診療を受けるのがおすすめです。
自由診療では費用が高くなりますが、仕上がりは綺麗になるというメリットがあります。
包茎手術は方法やクリニックによって費用が変わってきます。
環状切開術では3~10万円が相場となります。
ペニスの真ん中部分に切開線を作るため、傷跡が目立ちやすいことがデメリットです。
仮性包茎で保険が使えない場合や費用を抑えたい場合などに向いています。
背面切開法の相場は5~8万円であり、重度の仮性包茎などで行われています。
外側部分を切開して癒着部分を剥がし、包皮の開口部分から縦に切開するという方法です。
亀頭直下埋没法の相場は7~25万円となっています。
現在最も多く行われている包茎手術の方法であり、傷跡が目立たず自然な仕上がりになることが特徴です。

包茎手術にかかるクリニックの費用とは

世の中の男性の多くは包茎に悩んでいるといっても、決して過言ではないでしょう。
自分の陰部と他の人の陰部を比較する機会がなかなかないため、自分だけが悩んでいるのではないかと思いがちですが、実際はそのようなことはありません。
たくさんの男性たちが包茎に悩み、苦しんでいるといっても大げさではないのです。
実際に私もかつては包茎の悩みを持つ1人であり、大きなコンプレックスを抱いていました。女性と付き合っても堂々と裸になることができず、自分の陰部のことをみっともないと思っているのではないかと疑心暗鬼に陥ってしまっていたのです。
自分に自信を取り戻すため、私は包茎手術を受けることを決意しました。
クリニックでの手術費用がどの程度かかるのか、正直なところ不安がありましたが、私が訪れたクリニックは最初に治療にかかるすべての費用を提示してくれて、治療中や治療後に追加費用がかかるようなことは一切ありませんでした。
このような明朗会計だからこそ、治療前に安心感を持っていられたため、クリニックそのものを信頼することができました。
あくまで私の場合ですが、10万円を少々超える程度の費用で、想像していたよりも安く抑えることができて良かったです。

包茎手術の術後の痛みはどのくらい?

包茎手術は、場所が場所だけに痛みが怖いという人が多く、費用などの心配よりも痛さの方が心配という人も多いと思います。
包茎手術をするときにはゼリー状やテープ状の予備麻酔をしてから、細い針で麻酔の注射を行うので、ほとんど痛みは感じません。
術後に麻酔が切れた時に徐々に痛くなってくるのですが、手術終了直前のまだ麻酔が効いている間に術後麻酔を行うことで、術後の痛みをコントロールしてくれるようになってきています。
術後、抜糸をするまでの間は包帯をしておくことがあります。
2~3日の間は皮膚を切り取り、縫い合わせた部分に痛みを感じることがありますが、鎮痛剤を処方してくれるため服用することができます。
抜糸するころになると傷が治ってきているため痛くないということが普通ですが、気になるようであれば鎮痛剤を服用することができます。
これまで皮膚でおおわれていた部分が露出するために、下着とこすれて痛いという場合があります。
先端部分が敏感になっているために刺激を受けると痛くなるという状態なのですが、1か月ほどすると自然に慣れて消失することがほとんどです。
包茎手術では、我慢できないほど痛いということはなく、長期的に続くこともありません。

おススメサイト
包茎手術の術後の事、痛みはあるのかなど疑問はこちらで解消
包茎手術・治療のメンズサポートクリニックHP
https://www.clairvoyancecorp.com/houkei.html

包茎手術は痛いのではとお考えの方へ

性器は、男性と女性で形態が大きく異なります。
女性器が体内に隠れているのに対し、男性器は体外に飛び出す形になっています。
体外に露出する形になっている男性器はその先端の亀頭と呼ばれる部分と、それを支える陰茎と呼ばれる部分からできています。
幼年期における亀頭は陰茎上部の薄い皮である包皮により外部からは隠れた状態になっていますが、青年期になり体の成長が進むと多くの男性では亀頭が包皮から飛び出し露出した状態になります。
この事により亀頭の余分な水分がなくなり病気や悪臭の原因となる微生物の発生を抑える事ができます。
しかし、成人になった男性の中でも亀頭が露出しない方がいらっしゃいます。
この様な状態の事を包茎と呼びますが、ひどい状況に場合には雑菌や病原菌が繁殖する原因となりますので治療が必要となる場合があります。
包茎の治療で行われるのが包茎手術です。
この手術では包茎の原因となる余分な包皮を切り取ります。
技術的に難しいものではりません。
痛いのではと思われる方もおられますが、麻酔を使って行われますので心配をする必要はありません。
麻酔により眠り、目がさめた時には手術が終わっているというもので手術時間も短時間です。