クリニックで包茎手術を受ける場合、値段が気になる人もいるかもしれません。
値段をしっかり知っておかないと後悔してしまうこともあるので注意しましょう。
手術では保険を適用できることもありますが、適用されるケースは限られています。
保険が使われるのは治療が必要と認められた病気のみであり、病気と認められない場合は適用されません。
勃起時などに手で剥くことのできる仮性包茎の場合、保険は適用されないので注意が必要です。
日本人の8割は仮性包茎と言われているため、保険が適用されることはほとんどないと言えます。
保険が適用される手術は方法が限られているため、傷跡が目立つのは嫌だという人や綺麗に治して欲しいという場合、自由診療を受けるのがおすすめです。
自由診療では費用が高くなりますが、仕上がりは綺麗になるというメリットがあります。
包茎手術は方法やクリニックによって費用が変わってきます。
環状切開術では3~10万円が相場となります。
ペニスの真ん中部分に切開線を作るため、傷跡が目立ちやすいことがデメリットです。
仮性包茎で保険が使えない場合や費用を抑えたい場合などに向いています。
背面切開法の相場は5~8万円であり、重度の仮性包茎などで行われています。
外側部分を切開して癒着部分を剥がし、包皮の開口部分から縦に切開するという方法です。
亀頭直下埋没法の相場は7~25万円となっています。
現在最も多く行われている包茎手術の方法であり、傷跡が目立たず自然な仕上がりになることが特徴です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です