包茎手術は、場所が場所だけに痛みが怖いという人が多く、費用などの心配よりも痛さの方が心配という人も多いと思います。
包茎手術をするときにはゼリー状やテープ状の予備麻酔をしてから、細い針で麻酔の注射を行うので、ほとんど痛みは感じません。
術後に麻酔が切れた時に徐々に痛くなってくるのですが、手術終了直前のまだ麻酔が効いている間に術後麻酔を行うことで、術後の痛みをコントロールしてくれるようになってきています。
術後、抜糸をするまでの間は包帯をしておくことがあります。
2~3日の間は皮膚を切り取り、縫い合わせた部分に痛みを感じることがありますが、鎮痛剤を処方してくれるため服用することができます。
抜糸するころになると傷が治ってきているため痛くないということが普通ですが、気になるようであれば鎮痛剤を服用することができます。
これまで皮膚でおおわれていた部分が露出するために、下着とこすれて痛いという場合があります。
先端部分が敏感になっているために刺激を受けると痛くなるという状態なのですが、1か月ほどすると自然に慣れて消失することがほとんどです。
包茎手術では、我慢できないほど痛いということはなく、長期的に続くこともありません。

おススメサイト
包茎手術の術後の事、痛みはあるのかなど疑問はこちらで解消
包茎手術・治療のメンズサポートクリニックHP
https://mens-spclinic.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です